ミドリのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS コキケッコ―

<<   作成日時 : 2017/10/11 01:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新しいマンションに移った。

…そんな感じがする。

築四十年は越えるマンション。

初めて、扉が変わった。

人が住んでいる中で、玄関扉を取り換えることって、あまりないことではないかしら。

工事の若い人に聞いたら、そうですね、と頷いた。

今までは、閉める音が響いて困ったけれど、流石、最新の扉は違う。
手を離せば、スーッと殆ど音もなく閉まる。

普通のノブだと、手をひねることになるけれど、縦に伸びた取っ手なので、ムリなく開けられる。これはありがたい。

廊下の床も取り替え、壁も塗り直し、このリニューアルはしばらく続く。

何年か前に、排水管も全て取り換えた。
人間でいえば内臓部分なので、見えない部分を新しくしたのはなんとも気持ちがよかった。


扉を変えただけでも、我が家なのになんだか他人のお宅に入るみたいで、妙な気分。

1年前は外壁も塗り直した。もう3〜4回は塗り直している。若返ったのはマンションだけで、住んでる人は、ただただ年を取っていくのみ。

いいなあ、などと、建物に嫉妬しても仕方がない。

でもなんだか理不尽だ。


先日、日赤で血液検査をしていただいた。

後日、結果を聞きに伺うときはドキドキしたけれど、なにも問題がないそうで一安心。

「そう、強いて言えば、善玉菌と悪玉菌が…でも、それも問題があるほどではありませんよ」

と内科の部長先生。

私の内臓も、しばらくはなんとか持ちそうな感じ。

なんといっても、KOKIちゃんですからね。

気持ちだけはリ二ューアルしてまいりましょう。


コケコッコー、コキケッコ―、

ダジャレー夫人は健在でいなくちゃ…ネ。














月別リンク

コキケッコ― ミドリのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる