ミドリのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS うちなるこえがきこえる

<<   作成日時 : 2018/05/25 03:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

真夜中。

今、テラスに出て、空を眺める。

「えっ、こんなに星が!」

いつもより数が多い。一番強く光っているのは、金星?

小学4年の時に作った俳句。他愛ないけど、ウソのない一句。

ー   星空を 見て数えても 終わらない  −

あのころは、今の何千何万倍も星が見えた。

でも、きょうはいつもより多く輝いている。

あしたは、いえ、きょうはきっと素晴らしい日になる予感、いえ、確信!

そう、佐藤久成さんのサントリーホール大ホールでのリサイタルがあるのだ。

こんなにソワソワしたことは久しぶり。

いささか熱まで出ている。知恵熱かしら?友人にからかわれそう。

23日の名古屋、宗次−ルでのコンサートも圧巻だった。

1部は前から2列目で。
2部は中ほどより少し後ろで。

殆どのお客様は初めて聴かれたのではないかしら?

幼稚園、小学校、中学校、高校の友人たちも駆けつけてくれた。

嬉しい。

私、大ファンになりました!というメールも入ってきている。

何よりの言葉。

一曲目からブラボーの声が。それも、女性の声だったような。

ソナタの楽章の間の拍手も全くなく、心得た人たちばかりでホッ!

始まる前、ちょっと寒いわね、と言われていた前市長の松原さんの奥様、

一曲目が終わったら、(素晴らしい演奏を聴いて)温かくなったわ、と小さな声でうれしそうに言われた。

久成(ひさや)さんの魂の音色がそこにあれば、私は可能な限り、ついていく…。

その気持ちに変わりはないし、これからも変わらない。

ひとりでも多くの方に、ほとばしる音色、つきぬける音色、叫びにも似た音色、愛撫のような音色、哀しみの音色、いつくしみの音色、消えゆく音色…そんな変幻自在の音楽性溢れる演奏に触れていただきたい。

久成さんの内なる声が、弦と弓を通して聴こえてくる…何とも極上のひととき。

今は亡き音楽評論家の宇野功芳先生は、どこでお聴きになるのかしら?

そしてミューズの神様は?


  25日(金)午後7時、サントリーホールでお会いしましょう!










月別リンク

うちなるこえがきこえる ミドリのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる