ミドリのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS あっちっち

<<   作成日時 : 2018/06/28 06:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ようやく8月号の原稿が上がった。内容と出だしが決まればすぐ書けるのに、それまでになんだか時間がかかる。

そういえば、1月のコンサートで下重暁子さんが歌合せのため家にいらした時、
「さっき、やっと原稿が書き上がったのよ」
とホッとした顔を見せられた。
「それはおつかれさまでした」

歌声をお聴きしてさらにびっくり。
「まあ、なんと清らかなお声!」
「あら、知らなかったの?あたし、藝大の声楽科に入りたかったのよ。オペラをやりたかったの。でもさあ、あなたのような小さい体でオペラはムリ、って先生に言われて、やむなく諦めたの。えっ、知らなかった?話さなかったっけ」


そして、5月。新聞を見てひっくりかえるほどびっくり。
その本が既に26万部も売れているという。

開いた口がふさがらないってこのことだと思った。

あ、この言い方はまずいかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アナゴを見ると、必ずやカゴに入れる私。
この間もそう。
アスパラとアナゴとアジ、そしてレンコンの、それだけで天麩羅。
いつも作りすぎる傾向にあるので、自粛。

偶然にも、アとレのつくものだけだった。買った場所が、目黒のアトレ。
この流れはなんでしょう。

アナゴはカレー粉に塩を少し混ぜたものでいただく。
ターメリックは身体にいいので、たっぷりと。

鯵の天麩羅は珍しい。フライかムニエルが多いから。
今回は焼くつもりでいたので、急ぎ、3枚におろす。
(きょうは、慌てたせいか、おろし方が下手)

どうも、天つゆには合わない。塩のほうがいいけれど、今、塩分は極力控えているので、ほんの少しだけピピッとつけてみた。案外、いける。
夫の、ウン、美味しい…これを聞いて一安心。

レンコンを揚げたとき、油がはねて、熱いッ!

…で、思い出した。

アメリカにいた時、天麩羅が好きというアメリカ人の来客のために揚げていたら、首にパッと飛び散って泣いたことがある。それも十数ヶ所。
あとが残らないかしら?

あの時はとても心配したけれど、若かったのね。何にも残っていない。


幸い、今回の手の方は、直ぐに冷やしたので大丈夫。

「本当に、もう!」

熱い油に向かって怒った声で文句を言う。

傍に来ていたネコの颯(りっぷ)が、飛んで逃げた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー























月別リンク

あっちっち ミドリのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる