ミドリのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS たんたんと

<<   作成日時 : 2018/02/16 10:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

きょうは午後一時から、鴨下先生のワークショップ。
練習もままならないので、こうして書いている暇はないけれど、どうしても忘れそうで、ひとこと。


平野歩夢クンが銀を獲った時、ガッツポーズもイエ〜イもしなかった。
しゃべりも静かだ。
それが、アメリカ人に受けているという。

声変わりをしたばかりのような何とも言えない声を聴いていて、伊福部昭さんの「プール―・プール―」というアイヌのメロディーを思い出した。
この曲は、私の5枚組CD「チェレスタはゆりかご]の「子守歌」の最後に収録されている。
録音するまで知らなかった曲だけど、なんとも惹かれるものがあったのだ。
たしか、ドから4度上のファまでの音域しかない不思議なメロディー。

歩夢クンのインタビューに対する声は、それよりも幅がない。
あの話し声を聴かせたら、伊福部さん、大変喜ばれたのではないかしら?
と、妙なことを想う。

抑揚がない、と言えばそれまでだけど、アメリカ人には、その淡々とした感じが、寧ろ新鮮に映ったのかもしれない。
一方、ホワイト選手は、歓びをむき出しにしていた。31歳…おそらく、4年後はない、と感じていたからかもしれないし、歩夢クンが高得点を出していなかったら、次の「あの演技」はなかったはず。
金でも、私には、どこか王者の風格が感じられなかった。
最も、歩夢クンの4回転半に気付かないままジャッジした審判もいたらしい、というから、実質的には、優勝していたのかもしれない。
ま、それはそれとして、声ってやっぱり面白い。

声のことなら、いくらでも話ができる。というか、話がある。
毎日、さまざまな声について、なにかしら感じているから。


ブラタモリのタモリさんのお相手の女性が、東京藝大の楽理科出身のNHKのアナウンサーに決まったという。
へえ、楽理からアナウンサーになったんだ。なかなか美形の28歳。

特技に、絶対音感、とある。

特技と言えるのかなあ、と夫。

「私もそう思う。特技とは言わない」


ただ、小さいときに、ピアノやヴァイオリンを弾いていない人には、備わらないかもしれないけど…。それでも、絶対音感は、今や大した話ではない。

そういえば2週間前、鴨下先生と絶対音感のお話をしたばかり。

「あって面白いこともあるけれど、ただ、いいばかりではなく、弊害も多いんですよ」

と私。

昔より、絶対音感持っている人って、結構、多いんじゃないかしら?

それでも、500人にひとり?1000人にひとり?

ただ、これだけは言える。
もし、耳が聞こえなくなっても、頭の中に、(耳の中に?)音が聴こえるから、ピアノも弾けるし、作曲もできる。
それだけはいいかな?と。

さて、きょうは「源氏物語」の「須磨」に続いて「明石」の巻。

また、怒られに行ってこようっと。

そのあと、お待ちかねの佐藤久成さんと仲間たちによるカルテット。

一生懸命、講義をうけたあとの、とっておきの嬉しいご褒美が待っている。

さきほど、早々と夕食も作った。

きょうはひさびさにローストビーフ。

ひとり鍋、というのがあるらしいけれど、ひとりローストビーフも侘しいものかもしれず。

(ごめんなさい)

いつもの目黒のお店にはレホールがなかったので、渋谷に行ったら4,5個あった。

流石!と感激。

魚も活きの良いのが多い。鰯だって、刺身にしてもいいですよ、という新鮮なものだった。

夫のリクエストで、三枚におろしてムニエルでいただいた。

アナゴも買わずにはいられなかった。これは天ぷらに。

カレー粉にすこし塩を入れて…。これがよく合う。

そうそう、レホールのお話。

無しでもいいけれど、レホールはないの?と言う夫の顔が浮かんだものから。

さあ、これくらいにして、源氏物語の予習を。

といっても、あまり時間がない。

 ー ミドリ、許せ。 今日一日は自分磨きで、仕事ができない −

      いざ、新宿へ!それから五反田へ!

                    

       

     















月別リンク

たんたんと ミドリのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる