ミドリのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS せすじがさむい!

<<   作成日時 : 2018/12/29 18:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FACEBOOKを始めたら、あまり良いことがない。

最近、コンサートで、写真を撮らせてください、とお願いをされる人がいらして、(その方はアマチュアの方のよう)、お断りする理由もないので(いつもお願いしているプロの方に事情を話し)、どうぞ、と申し上げているのだけど、先日のクリスマスコンサートの模様が、FACEBOOKに結構掲載されていることがわかった。
なかなかいい写真、腕もいい。

楽しそうな写真の中で、私の「どアップ」の写真だけはどうも見るに堪えないので、2枚削除してくださいね、とお願いしたら、何を勘違いされたか、載っていた殆どすべての写真を一気に削除され、もう、びっくり。どこが気に障ったのかしら?自尊心を傷つけたのかな?


背筋がスーッと寒くなった。

今後、○○さん(その方が追っかけをしている演奏家)以外の、共演者、スタッフ、お客様、お友達などは一切掲載しません、というメッセージも添えられて。
その言葉より、その人の怒っている(?)怖い顔が想像できて、それがこわい。


さわらぬ神にたたりなし、というけれど、どうしたものかしら。

ま、私は先があまりない人間なので、そっとこのままでいくことになるのかな?

仕事をするということは、なにかしら勘違いをされたり、掌を返されたりするものなの?

あまり経験はないけれど。

あーあ。

お正月も近いというのに。

気を取り直して、黒豆、田つくり、なますなどをつくりましょう。


       −  とかくこの世は生きにくい −






月別リンク

せすじがさむい! ミドリのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる